真鍮加工/切削加工による水栓金具・緊急遮断弁・ボンベチェーン・ステンレスチェーン製造なら、愛知県進興金属工業

沿革

進興金属工業株式会社 沿革

昭和12年(1937)7月 志水嘉明大が名古屋市中村区日置通りにおいて志水製作所として創業。
昭和17年(1942)3月 企業合同により宝飯郡蒲郡町栄機器製作所と合併、主としてトーチランプを製造。
昭和21年(1946)2月 名古屋市瑞穂区堀田通りにおいて進興金属工業所に社名変更。
昭和26年(1951)3月 資本金60万円にて進興金属工業(株)を設立。

進興金属工業株式会社 沿革

進興金属工業株式会社 沿革

進興金属工業株式会社 沿革

進興金属工業株式会社 沿革

進興金属工業株式会社 沿革

昭和42年(1967)5月 工場拡張計画により、現在地刈谷市一里山町に移転、本社工場とする。
昭和48年(1973)3月 工場拡張計画により、第2期工事完了。
昭和48年(1973)9月 増資を行い資本金1200万円とする。TB型ナマズバルブを製造開始。
昭和55年(1980)1月 第3期工場拡張計画により、本社社屋および工場増設工事着工、同年7月完成。
昭和55年(1980)9月 資本金2400万円に増資。
昭和55年(1980)9月 ナマズバルブCST型の製造開始。
昭和58年(1983)9月 ナマズバルブS-2型の製造開始。
昭和58年(1983)12月 志水 登が代表取締役に就任。
昭和62年(1987)6月 ナマズバルブB-1型(Bカット)製造開始。
平成7年(1995)10月 ナマズバルブSC-1型製造開始。
平成9年(1997)9月 ISO9001認証取得(ナマズバルブ)
平成11年(1999)2月 ナマズバルブSH-1型(スパーホース)製造開始。
平成11年(1999)4月 現在6件特許取得、8件特許出願中。
平成18年(2006)4月 SPS-1特許出願中。
平成20年(2008)8月 みよし市に移転。
平成21年(2009)7月 志水 嘉津彦が代表取締役社長に就任。
平成25年(2013)5月 生産管理システム導入
平成27年(2015)1月 エコアクション21認証取得
平成29年(2017)10月 経済産業省が推進する健康経営を宣言する。